【足裏痛み.com】〜偏平足〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
asiuraitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは足裏の痛みの原因である、偏平足について詳しく説明していきます。

偏平足とは足裏の土踏まずが無い足の事を言います。扁平足という表記が正しいですが、代用表記で偏平足というのが通っています。
8歳くらいまでの幼児のほとんどは偏平足で、人間は元々偏平足から始まります。身体の成長と共に運動量も増えることで、運動するのにより適したアーチが形成されるために、土踏まずが出来てくるのです。

偏平足は先天性と後天性のものがあり、遺伝が原因で偏平足になりやすい人が先天性で、後天性は生活習慣が原因で偏平足になる場合です。後天性の場合は、今まで土踏まずがあったのにも関わらず、靴やヒールが不適当であったり運動不足が原因で土踏まずが無くなり平らな状態になってしまうのです。

土踏まずが無くなっても必ずしも痛くなるということはありませんが、まず疲れが溜まりやすくなってしまいます。これは歩行による衝撃を吸収しにくくなり、足裏全体で負担するからです。この状態が続きひどくなると痛みが発生します。場合によっては膝や腰が痛くなることもあるでしょう。

偏平足の治療には、サポーターや中敷きを付ける方法があります。それによって土踏まずのアーチを再形成する目的ですね。また、土踏まずの場所に沿ってマッサージをしたり、足でモノを掴むといった足指を積極的に動かして筋肉を増やす方法などもあります。


sponsored link



【足裏痛み.com】TOP

copyright©2012  【足裏痛み.com】〜足の裏の痛みについて〜  All Rights Reserved