【足裏痛み.com】〜足の裏について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
asiuraitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは足の裏について詳しく説明していきます。

足の裏は立ったり歩いたりといった体全体を支える役割と、血液を心臓に送り返すポンプとしての役割とを持っています。これらを合わせた上で最も優れた構造が3点アーチです。
カメラのスタンドを想像して下さい。脚は3本で3方向に伸びていますよね。このように3点で3方向に固定するのが安定しやすいのです。

足の裏は3つのアーチ形状が特徴で、足先を上から見て横方向のアーチが1本と縦方向のアーチが2本あります。この3つのアーチが柔軟に動き、着地の際の衝撃を吸収したり、血液を送り出すポンプの役割を果たしているのです。

足裏の皮膚は他に比べても分厚いのが特徴で、温度には鈍感ですが触覚が非常に優れています。足裏への意識を集中させると、場合によっては手先と同等な程の高度な触感覚を発揮するほどです。
足裏の筋肉も細かい筋繊維も含めると、全部で二十本以上が縦横に複雑に走り、10層以上に重なって構成されています。

そして足の裏には数多くのツボが存在していることでも有名です。足の裏の部位によって体のどこかに対応していて、足の裏一面で全身に対応しています。


このように足の裏は、非常に複雑な構造をしていますがその役割も重要だということがお分かり頂けると思います。健康管理は足の裏から始めるのもひとつですね。


sponsored link



【足裏痛み.com】TOP

copyright©2012  【足裏痛み.com】〜足の裏の痛みについて〜  All Rights Reserved